オンライン事務

クラウドソーシング案件獲得のコツ3選

オンライン事務
副業 はじめ君
副業 はじめ君

クラウドソーシングをはじめてみたけど全然稼げない!

案件も受注できないし心が折れそう…

こういった悩みをお持ちの方、多いのではないでしょうか?
この記事ではクラウドソーシングで案件を獲得するコツを紹介しています。

本記事の内容

クラウドソーシングで案件を獲得するコツ3選
・稼げるタスク案件で実績を積む
・方向性の設定とプロフィールの充実
・案件応募時のメッセージ

この記事を書いているわたしは、副業のクラウドソーシングにがっつり取り組もうと思いたった1ヶ月後、タスク案件を主とした受注でひと月4,000円代を安定して稼げるようになりました。プロジェクト案件へ積極的に応募するようになった1ヶ月後に長期案件を獲得しています。

わたしが稼げるようになるまでの月別報酬確定額

実際稼いだ金額を見た方がイメージがつきやすいかと思うので、軌道に乗るまでのクラウドワークスでの報酬確定額を提示いたします。
ちなみにしっかり二度挫折しています…

報酬状況
2021年9月1,106クラウドソーシングへ登録
闇雲に単価の低いタスクを片っ端からやっていた
2021年10月1,936低単価ライティングもやってみる
2021年11月587あまりの稼げなさに一度目の挫折
2022年1月5,346新年なので心機一転闇雲に頑張る
2022年2月2,816
2022年3月1,638
2022年4月200すでに雲行きが怪しい
2022年6月785
2022年7月714無理な頑張りは続くはずもなく二度目の挫折
2022年12月1,331戦略を立てて取り組まないと無駄だと気づく
2023年1月4,044コツを掴んできてタスク案件だけでも安定する
2023年2月4,223
2023年3月4,154
2023年4月4,985経理の単発プロジェクトを受注したことをきっかけに
長期案件獲得へシフト
2023年5月19,466初の長期案件獲得
2023年6月27,565直接契約の長期案件へシフト

「クラウドソーシング 始め方」と調べ、「実績を積め!初心者はタスク案件から!」を鵜呑みにして闇雲にタスク案件をこなしていた初期。1件5円などの低単価もできるタスクは全てこなしていました。時給換算は考えたくありません…

たしかに「実績を積め!初心者はタスク案件から!」は正しいのですが、今思うと「(戦略的に継続して)実績を積め!初心者は(稼げる)タスク案件から!」の方がしっくりきます。

具体的な方法は以下の通りです。

クラウドソーシングで案件を獲得するコツ3選

これから紹介する3つのコツを抑えつつ、できるだけ毎日ログインする習慣を身につけることが大切です。
毎日ログインすると最終ログイン時間が更新されるため、「気まぐれでなくしっかり活動している人間ですよ」というアピールになります。
なによりお仕事は縁とタイミング要素も大きいので毎日ログインして案件をザッと確認する習慣がつくと素敵な仕事と出会う確率が上がります。

稼げるタスク案件で実績を積む

タスク案件とは、発注者が用意したアンケートに回答し承認されれば報酬が支払われる形式のお仕事です。応募不要で取り組めるため初心者にも取り組みやすいのが特徴です。その反面、単価のボリュームゾーンが10円〜200円で、一体いつになったらチリは積もるのかとがっかりすることも。

モチベーション維持のためにもできるだけ稼げるタスクを選んで取り組むことがポイントです。わたしがおすすめするのは「実験」「学術」「研究」でタスクを絞ること。そして検索保存をして通知を受信することです。

大学や企業が発注者となり、学術研究や実験のデータ収集のためにクラウドソーシングを活用することがあります。この場合、真剣な回答を集めたい+研究費等があるため比較的答えがいのある単価が設定されます。

単価が高い分競争率も上がります。検索保存をして通知を受信することですぐに取り組めるようにするのがおすすめです。

より正確な回答を集めるため、タスク作業承認率が高いワーカーのみ回答可能とする場合もあります。受注したタスクに対して真面目に作業していれば承認率が下がることはありません。年齢制限や性別制限で非承認となる場合もあるため、タスク作業を行う際は業務内容にしっかり目を通すようにしましょう。

方向性の設定とプロフィールの充実

闇雲にさまざまな案件を受注するよりも、どのような業務を軸に受注するのか方向性を決めて動いた方が案件の獲得はしやすいです。ジャンルを絞って案件を受けることで専門性をアピールすることができます。

例えば、経理業務を主軸にしていきたいと考えている方は、会計ソフトへの仕訳入力やレシート整理など経理に関わる案件を中心に応募していきます。その代わりに経理とは縁遠いジャンルのライティングやデザイン業務などは見送るようにします。

主軸と遠いジャンルは案件の獲得が難しく、受注したとしても主軸の経理業務の実績に繋がりにくいです。ただ、別ジャンルの案件でも「クラウドソーシングを通してオンラインでも問題なく作業納品できる」という実績にはなるため、余裕があれば受注してみても良いかもしれません。

それと並行して、受注する方向性に沿ったプロフィール文章を作るのが重要です。

本業の経歴、副業の実績、稼働可能時間、使用可能なツールなどを記載しましょう。
何を書いていいかわからない方は、自分に部下がついたら…と想像してみましょう!どのような自己紹介をしてもらうとすぐに仕事を渡せるかなと考えることで、プロフィールに載せるべき情報が見えてきます。

副業 はじめ君
副業 はじめ君

経理業務を受注したい場合は、使用したことのある会計ソフト(会計freee、マネーフォワードなど)を記載するといいんだね!

案件応募時のメッセージ

数多くの応募者から選んでもらうため応募時のメッセージが重要です。
発注者は多くの人のメッセージを読まなければならないため、必ずしも全て目を通してくれるとは限りません。最後まで読んでもらうため、メッセージの構成に工夫が必要です。

おすすめメッセージ構成

1 掴みの文章
2 経歴・実績
3 受注後の働き方について
4 締めの挨拶

詳細はプロフィールに記載し、メッセージ上には概要を記載するようにしましょう。
案件に関連したスキル等は具体的に記載するなど緩急をつけたメッセージ構成がおすすめです。

まとめ

タスク案件の選定で報酬獲得の効率をアップさせ、毎日ログイン・プロフィールの充実・メッセージの改善で案件受注率が格段に上がりました。
本業で中途採用の担当もしており、どのような履歴書・職務経歴書が通りやすいか見る機会が多いのもプロフィールとメッセージ改善に役立っているように思います。クラウドソーシングでの案件受注にとどまらず転職等でも役立つスキルなので、ぜひ実践し身につけていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました